このたび、ダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」が、
国土交通省と独立行政法人日本自動車事故対策機構(NASVA※1)が実施する2019年度JNCAP※2衝突安全性能評価において、
最高ランクとなる「ファイブスター賞※3」を受賞しました。

JNCAP衝突安全性能評価は、
日本における交通事故の発生状況と装備・機能による被害軽減効果から、評価項目ごとの被害軽減効果を点数化されるもので、
2018年度からは、「乗員保護性能」「歩行者保護性能」「シートベルト着用警報」の3つの項目において、100点満点で審査が行われています。
今回「ロッキー」は85.7点を獲得し、最高評価となる「ファイブスター賞」を受賞しました。
ダイハツ車が「ファイブスター賞」を受賞するのは、2016年度の小型乗用車「ブーン」に続いて2度目になります。

ダイハツは”Light you up”の考え方もと、これからもお客様一人ひとりに最適なモビリティを提供し、
軽自動車と小型車の幅広いスモールカーラインナップで、お客様のニーズにお応えしていきます。


※1 National Agency for Automotive Safety & Victim's Aid
※2 Japan New Car Assessment Program
※3 100点満点中82.0点以上の場合5つ☆(ファイブスター賞)を獲得